BPプログラムについて

「親子の絆づくりプログラム」(愛称: BPプログラム)は、2つのプログラムの総称です。
「Baby Program」という通称で呼ばれている場合もあります。
親子の絆づくりプログラム(BPプログラム)の体系

BPプログラムひとつは・・・ 「親子の絆づくりプログラム”赤ちゃんがきた!”」(愛称:BP1プログラム) で、初めて赤ちゃんを育てている母親と0歳児の赤ちゃんが一緒に参加するプログラムです。2010年11月に開催したKKI第23回フォーラムで発表されました。 以来、日本の全国各地に広がっています。 (参考: 「KKI子育て支援プログラムの実施状況と効果」ページ)

もうひとつは・・・ 「親子の絆づくりプログラム”きょうだいが生まれた!”」(愛称:BP2プログラム) で、2人目以上の赤ちゃんと母親が参加するプログラムです。2018年9月のKKI第26回フォーラムで発表され、実施の途に就いたばかりのプログラムです。

BPプログラムは・・・ 参加者中心型です。一方的に話を聞くのではなく、参加したお母さん同士が話し合うなかで、育児の知識やスキル、親の役割などを一緒に学び、深めていきます。
また、BPプログラムでは、気がつくといつの間にか参加したお母さん同士が仲良くなり、育児での悩みや疑問などをお互いに聞き合える関係になっています。そのようになれるように、プログラムが作成されています。

初めから一人前の親などいません。
ひとりで子どもを育ててゆくことはできません。
まわりからのサポートを受けながら赤ちゃんを育て、少しずつ親になっていくのです。
※BPプログラムは、専門家の個別対応が必要となるような深刻な問題をかかえるご家庭を対象にしたプログラムではありません。

 

BPプログラムの目的と役割


助け合える子育て仲間をつくる
・子育てを一人で頑張って孤立してしまうと、「不安」や「ストレス」の大きな原因となります。
・子育てをするお母さん同士が、育児の喜びや困ったこと、親としての迷いなどを一緒に話し合い、互いに助け合いながら子育てしていける仲間と出会う場になります。

子育てに必要な知識を学ぶ
・子どもの心身の発達の仕方やその発達段階で、どのように子どもに接していったらいいのかなどを学び、焦らず、完璧を求めない子育て、そして「思春期から花ひらく子育て」を目指して学習します。

"親子の絆"を深め、子どもの心に”心の安定根をはぐくむ”
BPプログラムパンフレット・乳幼児期に親子の絆を深めることはとても重要です。というのは、この時期に、愛され、守られているという 「親子の絆」を赤ちゃんが感じながら育つことで、赤ちゃんの心に "心の安定根" がはぐくまれるからです。そして、その"心の安定根" は、子どもが思春期を乗り越え、社会の中で自立していくためのエネルギーの源になります。乳幼児期にはぐくまれる "心の安定根" は、親が子どもに贈ることができる「一生の宝物」なのです。

心身ともに健康な子どもを育てることと、親の子育て人生を支援すること
・現代は、子どもを生み育てるという人生を皆が生きるわけではありません。子どもを生み育てる人生を生きる方々が、自分の人生を振り返り、「子どもを生み育てて、良かったなぁ」と思えるように、親の人生を支援します。

 

プログラムの具体的内容は BP1プログラムについて および BP2プログラムについて をご覧ください。

 

 
  BPプログラム 参加者用新テキスト (カラー図解版)  ※一般書店では販売していません

BP2プログラムの登場に伴い、従来の参加者用テキストを大幅に改訂しました。
BP1プログラムとBP2プログラムとで共通して使用できるカラー図解版の新テキストです。従来のテキストの内容に加えて、あまり扱っていなかった幼児期の子育てについても書かれています。
このテキストの特徴は、子どもの心の発達論に従って乳幼児期の子育てについてわかりやすく説明している点です。 BPプログラムに参加するお母さん方だけでなく、乳幼児を育てている親御さん、子育て支援を仕事や活動で行っている方、そんな皆さんにもお役立ちの子育てテキストです。

[ 購入方法 ]
ゆうちょ銀行の郵便振替用紙に、お送り先の「住所」 「氏名」 「電話番号」 「冊数」をご記入の上、代金と送料を合わせてご送金ください。ご送金が確認でき次第、発送いたします。

代 金: 1冊 1,000円 + 税(1,080円)、20冊以上の場合は5%引き
送 料: 2冊まで120円、 4冊まで240円、10冊まで500円、11冊以上は送料無料
送金先: ゆうちょ銀行 (口座番号 00950-3-257158  口座名義 日本BPプログラムセンター)
※払込機能付ATMから送金できます。

 
 

 


福島県の民芸品「起き上がりこぼし(小法師)」
BP震災支援グッズ 「起き上がりこぼし(小法師)」

起き上がり小法師(こぼし)は、約400年もの昔から会津で親しまれてきた民芸品で、転んでも起き上がる赤ちゃんをかたどったお人形です。会津では、家族が増え、家が繁盛することを願って家族の人数よりひとつ多く買い求めるのが習慣となっている縁起もの。

私達は、子どもたちがこの起き上がりこぼしのように倒れても倒れても起き上がる強い人に育っていくことを願っています。



"BPファシリテーター" ってなに?  「BPファシリテーターとは」


トップページへ戻る
NPO法人
こころの子育てインターねっと関西(KKI)
事務局

〒636-0143
奈良県生駒郡斑鳩町神南 4-6-35
電話 / FAX 0745-75-0298

ファシリテーター養成講座開催日程BPプログラムについてBPファシリテーターとはBPファシリテーター養成講座
BPファシリテーター登録更新BPファシリテーター研修会BPプログラム解説DVD
NPプログラムについてNPファシリテーターとはNPファシリテーター養成講座NPファシリテーター研修会
行政/自治体担当者のみなさまへKKI子育て支援プログラム各地の取り組みプログラムに参加したママたちのこえ
KKI子育て支援プログラムの実施状況と効果KKI について代表メッセージKKIの子育て支援プログラム
講 座フォーラム書籍/出版物会報案内ご入会案内お問合せサイトマップ