代表メッセージ

代表 原田正文私は、精神科「小児・思春期」専門外来を担当する一方で、主に不登校を中心とした思春期の若者たちへの支援システムをつくる仕事をしてきました。 しかし、もともと小児科医から出発した私には、思春期になるまでの子育てが変わらなければ、思春期の子どもたちの問題も根本的には解決しないという考えが強くあります。そして、ますます深刻化する現代日本の子育て状況を見るにつけ、「乳幼児期の子育てを何とかしなければ」という思いは強まるばかりでした。

そのような折に、子育て真っ最中の母親たちが企画運営している子育て自主グループや子育て情報誌などが全国に無数に誕生し、活動している状況に触れ、私は "希望の灯" を見るような思いがして、とても勇気づけられました。1990年前後のことです。 そして「現代日本の子育て現場で何かが確実に変わりつつある」と実感し、地域で子育て支援に関わっている親御さんたちと、保育士、保健師、教師、カウンセラー、医師などの子どもにかかわる専門職とが一緒につくる子育て支援のボランティア団体 『こころの子育てインターねっと関西』を平成7(1995)年12月に旗揚げしました。
以来、子育て現場のニーズに応えながら活動をすすめてきました。そして、このボランティア団体が母体となり、平成17(2005)年1月にNPO法人こころの子育てインターねっと関西(略称: KKI)として活動を継続・発展させてきました。

子育て支援については、国政選挙でも各党が政策の中心にすえています。 しかし、その政策を見ますと、子育て支援についての考え方は実に多様です。 KKI では、何がほんとうの子育て支援になるのか、子育て真っ最中の親御さんたちの声を常に聴くとともに、科学的な考え方に基づく実践を心がけています。そして、子どもたちが心身ともに健康に育ち、「子育てして良かった」と思えるように親の子育て人生を応援していきたいと考えています。

現代日本のもっとも大きなテーマは「心の問題」です。その心の問題を根本的に解決するひとつの取り組みが子育て支援です。私たちはそのテーマを正面からとらえ、地域の親たちとともに地道な活動を進めていきたいと考えています。

 

 

[ 代表プロフィール ]

原田正文 (はらだ・まさふみ)
大阪人間科学大学副学長、精神科医師

1945年 香川県高松市生まれ。 京都大学理学部博士課程修了、理学博士。1980年 大阪大学医学部卒業。ただちに大阪府に入職。大阪府立病院、大阪府保健所などを経て、2001年より大阪人間科学大学教授。大阪府こころの健康総合センターの「小児・思春期」専門外来を2012年まで担当。
現在、大阪人間科学大学副学長、資格認定機構「Nobody's Perfect Japan」代表、「日本BPプログラムセンター」代表。

 

トップページへ戻る
NPO法人
こころの子育てインターねっと関西(KKI)
事務局

〒636-0143
奈良県生駒郡斑鳩町神南 4-6-35
電話 / FAX 0745-75-0298

ファシリテーター養成講座開催日程BPプログラムについてBPファシリテーターとはBPファシリテーター養成講座
BPファシリテーター登録更新BPファシリテーター研修会BPプログラム解説DVD
NPプログラムについてNPファシリテーターとはNPファシリテーター養成講座NPファシリテーター研修会
行政/自治体担当者のみなさまへKKI子育て支援プログラム各地の取り組みプログラムに参加したママたちのこえ
KKI子育て支援プログラムの実施状況と効果KKI について代表メッセージKKIの子育て支援プログラム
講 座フォーラム書籍/出版物会報案内ご入会案内お問合せサイトマップ